MENU

アトピーを改善させるための生活習慣記事一覧

アトピーの人にとって、入浴は「汚れを落とすために欠かせない手段であるものの、一歩間違えればアトピー悪化をさせてしまう要因にもなりかねない行為」と言えます。アトピーの人は、症状悪化をさせないために、入浴の際にどんな心がけをするべきなのでしょうか?ここではそれをお話しします。シャワー・湯船のお湯は40℃以下!アトピー肌の大敵となるのが「熱すぎるお湯」です。バリア機能が弱ったアトピー肌は、「うるおい成分...

バリア機能回復のための保湿成分を重視しよう!アトピーの人のスキンケア用品選びの基本は「敏感肌向けの処方のものを選ぶ」ということです。敏感肌向けのものなら、肌刺激リスクが少ないですからね。ですが、「敏感肌向けのものなら何でもOK」というわけではありません。もうひとつ「バリア機能回復のために、保湿成分を重視する」ということも大切です。角質層のうるおいを構成する主成分となるのはセラミドや天然保湿因子です...

アトピーの人にとって「洗濯した服でかゆみなどの症状が出る」というのは、結構深刻な問題です。もちろんその症状の原因は「服の繊維そのものに問題がある」というケースもあるのですが、それだけではなく「洗濯洗剤の成分が服に残っていて、それが肌刺激となっている」というケースも、かなり多いんですよ。どうすれば、洗濯洗剤による肌刺激リスクを減らせるのでしょうか?合成洗剤は絶対にやめるべき?「アトピーの人の服を洗濯...

アトピーの人にとって「寝具選び」というのは、実は非常に重要であると言えます。アトピーの人の寝具選びのコツをごく簡単に言えば「ダニが繁殖しやすい寝具はダメ」ということです。ダニの肌刺激がかゆみなどを発生させることで、寝つきや睡眠の質を悪くしてしまい、睡眠不足となってしまう可能性が高いですからね。寝床は、「床に布団」と「ベッド使用」のどっちがいい?ではまず、寝具の基本である「寝床」から考えてみましょう...

乳酸菌食品を食べよう!腸内環境改善のためにまずおすすめしたいのが、「乳酸菌食品」です。無糖のプレーンヨーグルトにオリゴ糖を足す、というのももちろんおすすめですが、その他にも、キムチや納豆・みそ・漬物などの発酵食品で植物性乳酸菌を摂ることも心がけましょう。ただし、キムチや漬物は添加物が多いものも少なくありませんので、原材料表示はしっかりと見て下さいね。オリゴ糖にはこだわりすぎない!さて、腸内環境改善...