MENU

善玉菌を増やすための切り札・オリゴ糖

善玉菌を増やすためには、どのようなことをすればいいのでしょうか?

 

乳酸菌飲料やヨーグルトの摂取をするーというのが一般的によく知られた方法ですが、実はもっとおすすめの方法があります。

 

乳酸菌飲料やヨーグルトのリスク

「善玉菌を増やすなら、善玉菌そのものである乳酸菌がたっぷりの乳酸菌飲料やヨーグルトを摂取すればいいじゃない」と思う人も多いでしょうが、実はこれらにはちょっとしたリスクがあります。

 

それは・・・「糖分・添加物のリスクが高い商品が意外と多い」ということ。

 

生乳と乳製品(脱脂粉乳や生クリームなど)以外の原材料を使っていないプレーンヨーグルトの場合は安全性が高いですが、それ以外の乳酸菌飲料やヨーグルトの多くには、砂糖や人工甘味料・香料などが含まれています。

 

これらは、「悪玉菌が好物として食べてしまうので悪玉菌が増える」「善玉菌を弱らせたり殺したりしてしまう」などという悪影響を与えるリスクが高いのですよ。
「乳酸菌という善玉菌を摂取すること自体には役に立つけれど、それ以外の部分で、善玉菌のジャマをしてしまう可能性もある」ということですね。

 

善玉菌を「腸内で増やす」ことを考えれば、オリゴ糖!

では、どんなものを摂取すれば、善玉菌だけを効率よく増やせるのかというと・・・
ズバリ、「オリゴ糖」こそが、善玉菌を増やす切り札と言えます。

 

なぜなら、オリゴ糖というのは、「善玉菌にとっては大好物となるが、悪玉菌はあまり好まない」という、珍しい傾向を持つ糖類だからです。
オリゴ糖を摂取すれば、善玉菌だけが「大好物のエサが豊富」という状態になり、増えやすくなるというわけです。

 

こうしたオリゴ糖の作用は、今では医学界でも広く認知されるようになってきています。
たとえば、日本歯科大学附属病院の鴨居久一教授による「免疫細胞に対するオリゴ糖(ラフィノース)の影響」という研究発表においては、「オリゴ糖の一種であるラフィノースを投与したら、腸内細菌におけるビフィズス菌の割合が高くなった」「ラフィノース投与で免疫細胞の機能が高まる可能性があることが分かった」という趣旨の報告がなされていますよ。

 

ですから、最初から甘みのついた乳酸菌飲料やヨーグルトを摂取するよりも「生乳と乳製品しか使っていない安全性の高いプレーンヨーグルトにオリゴ糖を入れて甘みをつけ、食べる」という方法のほうが、はるかにおすすめなのです。
これなら「善玉菌を直接摂取できて腸内で善玉菌をどんどん増やせるだけでなく、悪玉菌にエサをやるような状態にもならない」という、一石二鳥の効果が狙えますよ。

アトピー改善のオリゴ糖活用術記事一覧

腸内で善玉菌の大好物のエサとなり、善玉菌増殖に大いに役立ってくれるオリゴ糖。そんなオリゴ糖は、安全面においても、大きなメリットがあります。誰にでも使える!オリゴ糖の安全性がどのくらい高いかというと、「赤ちゃんから高齢者まで、どんな年代の人にも幅広く使える」というぐらい安全です。これに対して、人工甘味料については「胎児に影響を与えるリスクが今も否定しきれないので、妊婦は摂取しないほうがいい」「認知症...