MENU

免疫正常化のカギをにぎる存在は「腸」!

アトピー改善の三本柱の中でも、もっとも大きなカギを握るのが「免疫正常化」です。

 

アトピーの症状というのは、免疫の異常反応によって発生するので、免疫を正常化して反応異常を起こさないように持っていければ、それだけでアトピーを劇的に改善できる可能性が高まる、というわけですね。

 

そんな免疫正常化に欠かせない存在となるのが「腸」です。

腸は免疫を担当するメイン器官!

なぜ、腸が免疫正常化のために欠かせない存在なのかというと・・・実は「腸は免疫機能の大半をコントロールしている器官である」という事実があるのです。

 

全身の免疫細胞の約70%が、腸に集中しているのです。
ですから腸は「体全体の免疫をほぼ支えている存在」と言っても過言ではありません。

 

昔に比べて日本でアトピー患者が増加した大きな理由は「食生活の変化などによる腸内環境の悪化が原因で、免疫機能の乱れや低下が起こりやすくなったから」だと言われています。
そうした説が医学界でも流れていることを考えると、腸内環境を改善するということが、非常に重要なことであることが分かりますね。

 

腸内環境を改善するには?

というわけで、アトピー改善のためには、免疫機能の大半を担当する腸内の環境を改善して、免疫機能を正常化させていくということが非常に重要になってきます。

 

では、腸内環境を改善するためにはどうすればいいのかというと・・・

 

ズバリ「善玉菌の割合を増やす」ということが大切です。

 

腸内にはたくさんの腸内細菌が生息していますが、その中でも、ビフィズス菌などの乳酸菌をはじめとした善玉菌と、ウェルシュ菌をはじめとした悪玉菌は、激しい勢力争いをしています。

 

ちなみに、善玉菌と悪玉菌の他に、「有利な方の味方になるように動く」という、日和見菌が存在するのですが、実はこの日和見菌こそが腸内細菌の最大勢力なのです。

 

ですから、この日和見菌が善玉・悪玉どちらにつくかが、腸内環境にとって非常に重要になってきます。

 

もし悪玉菌が優勢になれば、日和見菌は悪玉菌の味方のような状態になってしまうため、「善玉菌の敵となる勢力が大きすぎて対処できず、腸内環境が悪化する」ということになってしまうわけですね。

 

ですが逆に、善玉菌を優勢にできれば「日和見菌を味方につけて良好な腸内環境づくりができるようになり、その良好な腸内環境で、乱れ・低下した免疫機能を正常な状態に戻していく」という流れに持っていけるのです。

 

つまり、「善玉菌を増やせば免疫正常化への正しい道ができる」ということです。07、オリゴ糖の「安全面でのメリット」にも注目!

 

 

腸内で善玉菌の大好物のエサとなり、善玉菌増殖に大いに役立ってくれるオリゴ糖。

 

そんなオリゴ糖は、安全面においても、大きなメリットがあります。

 

 

■誰にでも使える!

 

オリゴ糖の安全性がどのくらい高いかというと、「赤ちゃんから高齢者まで、どんな年代の人にも幅広く使える」というぐらい安全です。

 

これに対して、人工甘味料については「胎児に影響を与えるリスクが今も否定しきれないので、妊婦は摂取しないほうがいい」「認知症に影響を与えている可能性がある」など、禁止レベルではないものの、安全性に懸念があると考えられていることは事実です。

 

なので、食べ物・飲み物の安全性に特に配慮しなければいけない妊婦の人も、オリゴ糖なら摂取して大丈夫。
事実、オリゴ糖の摂取は「妊婦の便秘対策の有効かつ安全な手段」として、かなり認知されるようになってきていますよ。

 

 

■粉ミルクにもオリゴ糖の配合が!

 

オリゴ糖の安全性を証明する一例として挙げられるのが「粉ミルクにもオリゴ糖が配合されているものが多い」ということです。

 

粉ミルクと言えば、母乳と並んで「赤ちゃんの体を作る原材料となる大切な栄養源」となる存在です。
だからこそ、その原材料にはできるだけ高い安全性が求められるのですが、そうした「高い安全性があり、赤ちゃんのすこやかな成長につながるための原材料のひとつ」として、オリゴ糖が選ばれているのです。

 

「赤ちゃんの腸をいい状態に育てて、いい免疫機能を作っていくために、安心安全かつ効果的なのはオリゴ糖だ」と認められているからこそ、配合されているというわけですね。

 

ちなみに、代表的な粉ミルクに配合されているオリゴ糖は、以下の通りです。

 

〇森永「はぐくみ」:ラフィノース・ガラクトオリゴ
〇明治「ほほえみ」:フラクトオリゴ
〇雪印「ぴゅあ」:ガラクトシルラクトース(ガラクトオリゴ)
〇ビーンスターク「すこやか」:ガラクトシルラクトース(ガラクトオリゴ)
〇アイクレオ「バランスミルク」:ガラクトオリゴ
〇和光堂レーベンスミルク「はいはい」:ガラクトオリゴ
〇森永「ニューMA-1」:ラフィノース

 

ガラクトオリゴが一番人気なのは、「母乳に含まれているオリゴ糖がガラクトオリゴだから、母乳成分に近い粉ミルクを作るためにガラクトオリゴが選ばれている」ためでしょう。

 

その次に人気なのは、ビフィズス菌増加効果が特に高いと言われているラフィノースとなっています。

 

アトピー患者は腸に注目!免疫力に関わる腸内環境記事一覧

善玉菌を増やすためには、どのようなことをすればいいのでしょうか?乳酸菌飲料やヨーグルトの摂取をするーというのが一般的によく知られた方法ですが、実はもっとおすすめの方法があります。乳酸菌飲料やヨーグルトのリスク「善玉菌を増やすなら、善玉菌そのものである乳酸菌がたっぷりの乳酸菌飲料やヨーグルトを摂取すればいいじゃない」と思う人も多いでしょうが、実はこれらにはちょっとしたリスクがあります。それは・・・「...

オリゴ糖は、「腸内環境を改善して免疫を正常化させ、それがアトピー改善にも役立つ」という、アトピーに悩む人にとってはとても頼もしい存在となるものですが、世間に出回っているオリゴ糖商品って、かなり種類が多いですよね。どんなものを選べばいいのでしょうか?シロップタイプは濃度と他の糖類混入に注意!「もっとも安価で手軽に手に入れやすいオリゴ糖商品」と言えるのが、シロップタイプのオリゴ糖です。しかし、このシロ...