MENU

日々の食生活で摂りたいものはこれだ!

乳酸菌食品を食べよう!

腸内環境改善のためにまずおすすめしたいのが、「乳酸菌食品」です。

 

無糖のプレーンヨーグルトにオリゴ糖を足す、というのももちろんおすすめですが、その他にも、キムチや納豆・みそ・漬物などの発酵食品で植物性乳酸菌を摂ることも心がけましょう。

 

ただし、キムチや漬物は添加物が多いものも少なくありませんので、原材料表示はしっかりと見て下さいね。

 

オリゴ糖にはこだわりすぎない!

さて、腸内環境改善のために摂りたいものと言えば、オリゴ糖も挙げられますが、これは「食事から摂ることにこだわりすぎず、粉末オリゴ糖などで効率よく摂ることを優先する」という考え方のほうがおすすめです。

 

というのも、オリゴ糖が本当に豊富な食品というのはそれほど多くないため、食事から十分な量のオリゴ糖を摂る、というのはかなり難しく、また、それを考えすぎると、食生活がかたよってしまうリスクがあるからです。

 

野菜でフィトケミカルと食物繊維をゲット!

「野菜をたっぷり食べると健康づくりに役立つ」ということはよく言われますが、これはアトピー改善にもつながる考え方です。

 

なぜかというと・・・「野菜をたっぷり食べれば、フィトケミカルと食物繊維が摂れる」というメリットがあるからです。

 

ちなみにフィトケミカルとは、ポリフェノールやカロテノイド・イオウ化合物などの、抗酸化作用のある植物性化合物のこと。
抗酸化作用によって活性酸素が抑制されるため、「腸の細胞、免疫細胞の活性酸素による老化を抑制し、良好な状態を保つ」という点で役立つのです。

 

そして、食物繊維は、「腸内細菌のエサとなり、さらにその過程で、体内でビタミン合成がなされる」という大きなメリットを持っています。

 

ちなみに食物繊維はオリゴ糖とは違って「善玉菌だけでなく、悪玉菌にとっても好物」という存在なのですが、実はこれ、悪いことではありません。
なんと悪玉菌までもが「食物繊維に含まれるセルロースを分解する過程でビタミンを合成する」という働きをしてくれるようになるんですよ。

 

つまり食物繊維は「悪玉菌にいい働きをさせる」という役目を果たしてくれるわけですね。

 

そしてさらに、食物繊維は、世間にも広く知られているように「腸のお掃除役として、腸内の老廃物・腐敗物なども吸着して便として排出する」という作用にもすぐれています。
これがまた、腸内環境改善に役立つのです。

 

フィトケミカルや食物繊維をしっかり摂るためには、「葉野菜だけでなく根菜類も食べる」「淡色野菜だけでなく緑黄色野菜も食べる」「生野菜だけでなく、加熱した野菜のおかずも食べる」などといったことを意識して、なるべく幅広く、多くの種類の野菜を摂るようにしましょう。

アトピー改善のためにオススメの食べ物関連ページ

お風呂
正しい入浴法を実践することはアトピー患者にとって大事なことです。ここではアトピーを悪化させない入浴方法を紹介します。
スキンケア
アトピーの人の「外側からのケア」として重要な要素となってくるのが、日々のスキンケアです。 スキンケアにおいて、特に心がける点・注意すべき点は何なのか、それをご説明しましょう。
洗濯方法
肌に触れるものに気をつけることがアトピー対策のひとつです。ここでは肌に触れる服を洗うための洗濯でのアトピー対策方法を紹介します。
寝具選び
1日の三分の一の時間、肌に触れていることになる寝具。これもアトピーを悪化させるか改善させるかの分かれ道になるので気をつけましょう。